アートの授業

当たり前の枠を外して可能性を広げよう

明るい未来、希望ある未来、楽しい未来。
未来は今の積み重ねです。今この瞬間をワクワク楽しんで生きていることが大切です。子供の頃に真剣に遊んだ経験や、環境で子供の創造性は高くなると言われています。お父さんお母さん、子供の「好き」を止めないであげてください。その「好き」の先には未来があります。

クリエイティビティ、イマジネーションはこれからの時代にとても重要視されています。心の中にある喜怒哀楽、溜まった感情を「絵」という形で表現することは、癒しと心の安定、感性を育てます。それにより集中力、空間意識力、発想力、想像力などが身につきます。

絵を描くことが苦手だったり、意味を見出せない子もいるかもしれませんが、どんな子もそして大人だって、声にならない言葉にできないものが心のどこかにあるはずです。それをただ書き出すだけでもいい、絵を描かず色を塗るだけでもいい、表現をすることには大きな癒し効果があります。そして毎日継続的にインプットを続ける現代の子どもたちにとってアウトプットは必須。自分の気持ちを表現できるようになると自分自身をきちんと肯定できるようになります。今回の授業では未来に想いを馳せながら今の自分を知り、表現する楽しさをテーマに行なっていきます。

【講師紹介】
絵子猫コーチ
幻想的なカラーと多彩な画法を巧みに操る、色の魔法使い。
雑誌の挿絵や人気作家の装丁、イラスト提供をはじめ、大手ブランドやさまざまな企業の広告、コラボレーション商品、
50mにも及ぶパーキングエリアの超大作メインビジュアルを担当するなど幅広い分野で活躍中。サンリオ、ポケモン、ディズニーなどとのコラボ作品も多く発表。
「もっとアートで社会貢献」を目指し、学校での絵の講師活動や講演、子ども達のワークショップなど精力的に活動。

 

実施形態
教室~体育館
対象学年
対応人数
授業コマ数